Author:
• 金曜日, 5月 10th, 2013




ジャック・ダニエルといえば、パーポン・ウイズキーのはずだが、びんにはテネシー・ウイスキーと明示してあるのはなぜか・・・

バーボンの歴史は比較的浅くて、1789年アメリカ・ケンタッキー州バーボン群に住むバプテスト派の牧師、エリア・クレーグ氏が初めてつくりたといわれています。

バーボンの名も、その地名から生まれました。

その定義は「原料の51パーセント以上のとうもろこしを発酵させたもろみから、160プルーフ(酒の強度を示す単位)を超えないように蒸留ざれ、焦がした新しい樽に貯蔵したウイスキー」となっています。

ところで、同じアメリカ・テネシi州で、バーポンと同様とうもろこしを使ってつくられるウイスキーがあります。

ただこのつくり方の特微は、まず木炭の詰まった樽に蒸留したばかりのウイスキーを入れ、ろ過する。

そしてその後で、貯蔵用の樽であらためて本格的に熟成させる。

この過程を経て、はじめてチャコール・メローといわれる独特の味と香りが生まれるわけです。

これをバーポンと区別し、わざわざテネシー・ウイスキ1と呼んでいます。

そのテネシー・ウイスキーの代表格が、ジャック・ダニエルです。

ジャック・ダニエルの絶妙、円熟の味を楽しむ時は、一滴一滴すする(sip)ようにして飲むという意昧で、シッピング・ウイスキーともいわれています。

テネシー高地産の砂糖かえでの木炭を詰めた樽に、燕留まもないウイスキーを入れてろ過し、これをホワイトオークの樽にうつして、あらためて本絡的に眠らせ、熟成さます。

Category: お酒  | Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.