Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: Access denied for user 'osusumedeai'@'localhost' (using password: NO) in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786

Warning: mysql_real_escape_string() [function.mysql-real-escape-string]: A link to the server could not be established in /var/www/home/osusumedeai/public_html/zatugaku/wp-content/plugins/statpress-reloaded/statpress.php on line 1786
2013 5月 | 誰かに話したくなる雑学 - Part 2

Archive for ◊ 5月, 2013 ◊

Author:
• 日曜日, 5月 12th, 2013




冷房のはじまりはなんだったのでしょうか。

うちわ、縁台将棋、いや、四畳半に播れるかや…

まさにズバリ。貸しかやというサービスがありました。

明治の中ごろのことです。

当時サービス競争で、官有鉄道をしのいでいた山陽鉄道(後に国鉄に買収されて山陽本線となる)では、一・二等夜行列車のお客さんに貸しかやをしていました。

窓を開けて自然の冷房を利用するので、カが入ってくるのを防ぐためだが、明浩の鉄遵は風流でした。

同じ商亮に貸しブトン、貸しマクラというのもあったそうです。

それはさておき、本格的な冷房は、昭利11年に初めて登場した特急「つぱめ」の食堂車が第1号。

われわれが注射するとぎ、アルコールを腕にぬると、皮膚がヒヤリと涼しく感じます。

冷房装置も、媒体とする液体が気体に変わるとき生ずる気化熱で、あたたかい空気の熱をうばって冷やそうという仕組みです。

鉄道車両では、電気冷蔵庫と問じくフレオンガスを媒体にして、圧縮機で液体に圧縮、小さな噴出口から吹き出させて気体に変え、このときの気化熱を利用しています。

原理は簡単だが、圧縮機を回す動力をどうするかが、この装置のアイデアでした。

「つばめ」は、列軍が走るときの車軸の画転から発電機を回して電気を作る「自力本願型」でした。

これだと運転中はしごく調子は良いが、停車すると大変。

一分聞に室温が一度あがるというシロモノでした。

冷房の雑学をもう一つ。

敗戦後の昭和21年、米軍専用の寝台車や食堂車に、一冬で冷房をつけよ、という命令がきたと思っていただぎたい。

作業も昼夜兼行。

そこである係員が、こっそりと酒を調達してきました。

「腹の中を暖房にして、冷房装置をとりつけよう」と、酒の不自由な時代のこと、愛酒家はよろこんでイタダキ。

ところが翌日になって目がかすんできました。

酒の出所を調べると、なんとこれは車両の暖房装置に使っていたアルコールだったのです。

笑えない話です。

Category: 風習  | Tags:  | Comments off
Author:
• 土曜日, 5月 11th, 2013




「三国一の花嫁」「三国一の富士の山」などと、世界一の意味でいいます。

この三国とは唐土(中国)、天竺(インド)、日本のことで、その昔、日本ではこの三国で全世界を表したのです。

日本・中国・インドにわたって、第一であれば、世界一、天下第一と考えたわけです。

『義経記』には「実にわが朝の事は言ふに及ばず、唐土天竺にも主君に志ふかき者多しといへども、かかる例なしとて、三国一の剛の者といはれしぞかし」とあります。

これがのちに、祝言のときに「三国一の婿」「三国一の花嫁」と、ほめたたえる謡(うたい)のことばに転じ、一般にも「世界一」の意で用いられるようになりました。

「三国伝来」「三国相伝」は、仏教などがインドから中国をへて、日本に伝わってきたことをいいます。

Category: 風習  | Tags:  | Comments off
Author:
• 金曜日, 5月 10th, 2013




ジャック・ダニエルといえば、パーポン・ウイズキーのはずだが、びんにはテネシー・ウイスキーと明示してあるのはなぜか・・・

バーボンの歴史は比較的浅くて、1789年アメリカ・ケンタッキー州バーボン群に住むバプテスト派の牧師、エリア・クレーグ氏が初めてつくりたといわれています。

バーボンの名も、その地名から生まれました。

その定義は「原料の51パーセント以上のとうもろこしを発酵させたもろみから、160プルーフ(酒の強度を示す単位)を超えないように蒸留ざれ、焦がした新しい樽に貯蔵したウイスキー」となっています。

ところで、同じアメリカ・テネシi州で、バーポンと同様とうもろこしを使ってつくられるウイスキーがあります。

ただこのつくり方の特微は、まず木炭の詰まった樽に蒸留したばかりのウイスキーを入れ、ろ過する。

そしてその後で、貯蔵用の樽であらためて本格的に熟成させる。

この過程を経て、はじめてチャコール・メローといわれる独特の味と香りが生まれるわけです。

これをバーポンと区別し、わざわざテネシー・ウイスキ1と呼んでいます。

そのテネシー・ウイスキーの代表格が、ジャック・ダニエルです。

ジャック・ダニエルの絶妙、円熟の味を楽しむ時は、一滴一滴すする(sip)ようにして飲むという意昧で、シッピング・ウイスキーともいわれています。

テネシー高地産の砂糖かえでの木炭を詰めた樽に、燕留まもないウイスキーを入れてろ過し、これをホワイトオークの樽にうつして、あらためて本絡的に眠らせ、熟成さます。

Category: お酒  | Tags:  | Comments off