Archive for the Category ◊ 宗教 ◊

Author:
• 月曜日, 6月 10th, 2013




「車や住宅ローンで四苦八苦だよ」「ウチなんか教育費がかさんで四苦八苦」と世間話しにひんぴんとでることばだ。

ひどい苦労、苦しみの意味でつかっているが、元は仏教語で、四苦と八苦にもちゃんとした説明がある。

「四苦八苦」とは、人間が受けなければならないすべての苦しみを表している。

「四苦」は、ただ生きているというだけで味わう基本的な苦しみで、生苦・老苦・病苦・死苦をいう。

さらに、精神的な苦しみとして、愛別離苦(愛する者と別れる苦しみ)、怨憎会苦(嫌な者とも会わなければならない苦しみ)、求不得苦(欲しいものが手に入らない蕃しみ)、五陰盛苦(人間の心身を構成する五要素の、色・愛・想・行・識から盛んに起こってくる苦しみ)の四苦で、計八苦となる。

すなわち、四苦八苦といっても、合わせて十二苦ではないのである。

基本の四苦は別として、後の四苦は自分からタネをまいて、四苦八苦の苦しみをなめることも少なくないようだ。

なお、四苦は三十六、八苦は七十二、合わせて百八(煩悩)と、語呂を合わされることもある。

Category: 宗教  | Comments off