Archive for the Category ◊ 地理 ◊

Author:
• 金曜日, 4月 12th, 2013




日本の都道府県は全部で47です。

このうち北海遭は別格として、面積の一番大きいのは岩手県、続いて福島県、長野県と、これがビッグ・スリーです。

逆に面積の一番小さいのは香川県、続いて大阪府、東京都と、これがチビッコ・トリオです。

都道府県名で、共通する文字といえぼ「山」がトップで山形、山口、山梨、岡山、富山、和歌山の6県。

次点は「島」で島根、福島、広島、徳島、鹿児島の5県。

続いて「川」が石川、香川、神奈川の三県と、「岡」が岡山、静岡、福岡の3県となります。

変わったところで、動物の名前をもっているのが熊本、鳥取、群馬、鹿児島の4県。

植物の茨城、栃本、千葉、山梨、青森の5県。

案外少ないのが数字で千葉、三重の2県。

方角で東京、北海道の2県。

色では青森、四季では秋田と、それぞれ一つずつになっでいます。

ところで、都道府県で海岸線を持たないところが意外に多いです。

関東地方で栃木、群馬、埼玉の3県、中部地方で山梨、長野、岐阜の3県、近畿地方で滋賀、奈良の2県、合計8県ということになります。

これらの県は、当然周囲ぐるりを他の都府県に囲まれていることになるのですが、この県境の最も多いのは長野県で、新潟、群馬、埼玉、山梨、静岡、愛知、岐阜、富山と、実に8つの県と接触しています。

これとは反対に、本州で太平洋側と日本海側の両方に海岸線を持っているのは、本州両端の青森と山口の両県を別格とずれば、あとは兵庫だけ。

つまり、本州を陸路で縦断するためには、どうしても兵庫県だけは通らなければならないということになります。

Category: 地理  | Tags:  | Comments off